ヘアケア

バイトの髪色はどこまで?NGになりやすいメンズの茶髪をチェック

バイトで髪色を怒られたという話も聞くので、予めどこまで髪色は許されるのか知っておくといいですね。

特に女性よりもメンズの髪色のほうがとやかく言われがちなので、どこまでOKなのかチェックしておきましょう。

バイトでは髪色はどこまで許される?(メンズの場合)

バイトの職種にもよりますが、基本的には明るめの茶髪は良く思われません。

また、高校生がバイトする時には、暗めの茶髪でも不適切だと受け取られがち。

なぜかというと、多くの高校では髪を染めることを禁止しているからです。

高校生が面接で茶髪に染めていると「校則も破るくらいだから、仕事も不真面目かもしれない」という印象を与えてしまいます。

しかも、なぜかと言われると難しいのですが、どうしてもメンズの茶髪はチャラい印象を与えてしまいます。

実際にやりたいバイトが決まっているなら、バイト先にどこまでの茶髪が許されるのかを予め確認するといいですね。

髪色を直してまでも働きたいという意欲があることを見せると、バイト先での印象もアップします。

メンズのこんな髪型はNGになりやすい

男性の場合、爽やかさをアピールする方が好印象に繋がります。

逆に、髪が肩くらいまでつきそうなくらい長いと、NGになることがあります。

特に、客対応をするバイトを選ぶ時には、アフロヘアやロングヘアだと不潔な印象を与えがちなので採用を断られることがあります。

バイトで髪色を怒られたらどうすればいい?

働き始めたバイト先で髪色を怒られたら、素直に直すのが一番手っ取り早いです。

もし最初に何も注意されなかったのに、入ってから注意いされた場合には、ちょっとモヤッとした気持ちになりますよね。

ただ、バイト先を変えるのもなかなか大変なので、色を変えてしまったほうが楽です。

少し色を暗めにし、注意を受けて行動したことを見せると、注意した方も納得しやすいです。

まとめ

バイト先で不適切という印象を与える髪の色は、明るめの茶髪です。

また、金髪や赤や青、ピンクなどのカラーが入っていたり、アフロヘアやロングの髪型だと、大人はちょっと身構えてしまいます。

自分のこだわりと、バイト先のルール、そしてオーナーの意向、これらをうまく折り合いをつけることが大事です。