ヘアケア

ラックス洗い流さないトリートメントの使い方。髪質に合わせミスト・クリーム・オイルを使い分けて

ラックスの洗い流さないトリートメント「スーパーリッチシャイン」には、

  • ダメージリペア
  • モイスチャー
  • ストレート&ビューティー

などのシリーズががあり、さらにミストやクリーム、オイルなどの展開があります。

中でも下記2つのヘアオイルは口コミでもよく取り上げられています。

  • スーパーリッチシャイン ダメージリペアのリッチ補修オイル
  • スーパーリッチシャイン ストレート&ビューティー うねりケアオイル

アウトバストリートメントとして結構優秀で、香りがいいことが特徴なんですよ。

ここでは、そんなラックスの洗い流さないトリートメントのミストやクリーム、オイルそれぞれの使い方をご紹介します。

ラックスの洗い流さないトリートメントの使い方。ミスト・クリーム・オイルごとに紹介

  • LUXスーパーリッチシャインモイスチャー リッチ保湿ミスト
  • LUXスーパーリッチシャインダメージリペア リッチ補修ミスト

ミスト系の洗い流さないトリートメントは、朝のスタイリング時やお風呂上がりのアウトバストリートメントとして使えます。

使う時には、髪全体にまんべんなく吹きかけてください。

  • LUXスーパーリッチシャインモイスチャー リッチ保湿クリーム
  • LUXスーパーリッチシャインダメージリペア リッチ補修クリーム

クリームタイプは、ダメージが気になる時に部分使いします。

乾いた髪にも使えますよ。

アウトバストリートメントとして使う場合は、タオルドライをした後に2プッシュ程手に取って使います。

使用した後はドライヤーで完全に乾かしてください。

  • LUXスーパーリッチシャインモイスチャー リッチ保湿オイル
  • LUXスーパーリッチシャインダメージリペア リッチ補修オイル
  • LUXスーパーリッチシャインストレート&ビューティー うねりケアオイル

こちらも朝と夜に使えます。

朝お出かけ前に使えばツヤのある髪に仕上げてくれますし、夜に使えば髪のキューティクル部分をしっかり補修します。

クリームと同じように部分使いするアイテムですが、こちらは特にダメージが気になる部分用となります。

どんな髪におすすめ?

ラックスの洗い流さないトリートメントは、パーマやカラーで髪が特に傷んだ時に使うことをおすすめします。

また、乾燥しがちな髪とも相性が良いので、湿度が低下してまとまりにくい髪になってきたら使ってみるといいかも!

携帯しやすいから外出先でも使える

また、ラックスの洗い流さないトリートメントは手のひらにぴったりフィットするくらいのサイズです。

だから、旅行にもっていく時にもかさばらない大きさで便利なんですよ。

香りがいいのでヘアフレグランスとしても使える

ラックスの香りはオシャレでいい匂いだと女子ウケがいいことから、フレグランスとしても使えます。

持続性もあるので、一緒にいる友達にもほんわかといい香りが漂うんですよ。

効果アップする使い方

ラックスの洗い流さないトリートメントは使い分けると効果的!

例えば、洗い流すトリートメントをすると髪がサラサラになるので、次の日には洗い流さないトリートメントに切り替えてダメージ補修だけするみたいな使い方をするといいですよ。

効果なしとなりやすい使い方

タオルドライしない

お風呂上がりにつける時は、タオルドライをした後につけます。

タオルドライせずにべたべたの髪につけてしまうと、髪の内側に水分がたっぷり含まれているのでラックスの栄養分が入り込む隙間がありません。

余分な水分はちゃんと拭き取りましょうね!

しっかり乾かさない

また、洗い流さないトリートメントをした後はドライヤーで乾かすことも大事。

ドライヤーで乾かさずに寝てしまうと、ミルクやオイルが肌に付着して肌荒れの原因となります。

まとめ

ラックスの洗い流さないトリートメントは、ミスト・クリーム・ヘアオイルと3種類あり、全体的につけるものと部分的につけるものがあります。

特徴を生かした使い方をすることで、ダメージヘアケアの効果に繋がります。

自分の髪質に合わせて、お気に入りの1つを見つけてみてくださいね!