子育て

ミルクは水道水をケトルで沸かしたお湯で作っちゃダメな理由

赤ちゃんに与えるミルクは、ケトルで沸かした水道水を使っても問題がないのかについて解説します。

ミルク作りには水道水をケトルで沸騰させたお湯は適さない

電気ケトルで沸騰させた水道水は、赤ちゃんの体に負担をかける不純物を除去できていない可能性が高いので、ミルク作りには適していません。

水道水に含まれているカルキやトリハロメタンを取り除くためには、蓋を開けたやかんや鍋で10分以上沸騰させる必要があります。

ケトルはあっという間に沸騰して電源が切れるものが多く、ほとんどのタイプは蓋をしたままお湯を沸かすので、不純物を除去しきれないのです。

ですから、ケトルで沸かした水道水はミルクには使わないようにしましょう。

電気ケトルを使ってミルクを作りたいなら

電気ケトルを使ったミルク作りには、水道水ではなく下記の水が適しています。

  • 赤ちゃん専用に売られている水
  • 浄水器を通した水

上記の水は、不純物が含まれていないので、電気ケトルの短時間の沸騰でも赤ちゃんに安心して与えられます。

ただし、一旦煮沸した水は雑菌が繁殖しやすく、保存には向きません。

ですから、ミルクを作るたびにお湯を沸かす必要があります。

実は水道水はミルク作りに最適の水

水道水は、赤ちゃんに与える際に沸騰させる必要があるため危険と思われがちですが、実際にはミルク作りに一番適した水です。

理由は、日本の粉ミルクは、水道水で作った時に母乳に近い成分となるように調整されて作られているため。

ミネラルウォーターのほうが赤ちゃんに安全なイメージがありますが、赤ちゃんはまだ内臓が未発達状態なので、ミネラルを摂り過ぎると体に負担がかかってしまうこともありえます。

ですから、沸騰させたり濾過して不純物を取り除いた水道水で作ったミルクが、赤ちゃんにはピッタリなんです。

安全なミルクを早く簡単に作る方法

電気ケトルはすぐにお湯が沸きますが、水道水の不純物が取り除けませんし、やかんで10分以上沸騰させるのは時間がかかって大変です。

ですが、水道直結型のウォーターサーバーを使えば、赤ちゃんが安心して飲めるお湯がいつでも使え、ミルク作りの負担が楽になります。

赤ちゃんに安心なお湯や水がいつでも使える

ウォーターサーバーがあれば、不純物が取り除かれたお湯や水がボタンを押すだけで出てくるので、ミルクがすぐに作れます。

猫の手も借りたいくらい忙しい子育て中には、時間のかかるミルク作りをできるだけ時短させたいけれど、一番大事なのは赤ちゃんの健康。

電気ケトルやポットは早くお湯が沸くので便利です。

けれども、沸騰時間が短いため、赤ちゃんの体に負担をかける可能性のあるカルキやトリハロメタンを除去しきれません。

不純物を取り除いた赤ちゃん用の水や、浄水器を通した水を使う方法もありますが、毎回お湯を沸かす手間がかかってしまいますし、熱いミルクを冷ますための湯冷ましも必要です。

ですが、ウォーターサーバーがあると、ミルクを作るたびにお湯を沸かす手間が省け、赤ちゃんが安心して飲める濾過された水がすぐに出てくるので、湯冷ましを作らなくてすみます。

水道直下型のウォーターサーバーが赤ちゃんのいる家庭向き

ウォーターサーバーにはいろいろなタイプがありますが、ミルク作りに使う水には水道水が一番適しているので、赤ちゃんのいる家庭では水道直下型のウォーターサーバーが向いています。

赤ちゃんの健康が一番だけど時間の余裕も欲しいと思っているなら、水道直下型のウォーターサーバーを利用すると、赤ちゃんに安全な水で簡単にミルクを作れるようになります。

まとめ

電気ケトルはすぐに沸くので、水道水の不純物を除去しきれない可能性があり、赤ちゃんのミルク作りには適していません。

ですから、ケトルを使うなら不純物が含まれない水を使うと、赤ちゃんにも安心して与えられます。

ただし、早くお湯が沸くとはいえ、1日に何度も沸かすのは大変。

ミルク作りをもっと楽にしたいなら、ウォーターサーバーを使えば、赤ちゃんに安心して与えられるお湯やお水がいつでも使え、時間に余裕が持てるようになります。