子育て

中学受験で習い事をやめたくない場合に受験勉強と両立させる方法

中学受験で勉強が忙しくなってきても子供が習い事を続けたいと希望している場合、どのような受験勉強をすれば習い事と両立できるのかについて解説しています。

中学受験で習い事をやめたくない!上手に両立できる勉強方法

中学受験を目指しながら習い事を続けたい場合は、時間効率のよい勉強方法を選びましょう

なぜなら、学年が上がるにつれ受験勉強も習い事も忙しくなるため、とにかく時間が足りなくなるからです。

とくに、中学受験対策の塾は、5年生になる直前あたりから本格的な受験対策の授業が始まり忙しくなるため、習い事との両立がスケジュール的に厳しくなります。

ですから、通う必要のない自宅で授業が受けられる個別指導に切り替えることも検討し、どうやったら両立できるかを考えて勉強方法を決めましょう。

習い事との両立に向いているのはオンライン授業

習い事を続けながら受験勉強をする場合、塾との両立が一番難しくなってきますが、オンラインの授業に切り替えるとスケジュール調整がしやすくなります。

なぜかというと、自宅で授業が受けられるので、塾のように往復の時間が必要なく、しかも習い事と重なった場合には授業を振り替えできるからです。

また、オンライン授業は家庭教師のような個別指導が多いのが大きな特徴です。

個別指導は集団塾と違い、各子供の苦手な部分や伸ばしたい科目に焦点をあてた授業を組んでくれるので、時間が少なくても効率よく学べ、習い事をしながらでも受験勉強ができます。

効率良く受験合格を目指せるオンライン家庭教師の詳細はこちら>>

受験期に習い事を続けるメリット

習い事を続けていると、勉強時間の確保が難しくなりますが、習い事は子供に良い影響も与えてくれます。

  • 集中力がつく
  • 忍耐力がつく
  • 緊張感に強くなる
  • 体力がつく
  • 息抜きになる

習い事の種類によって得られるメリットは違いますが、勉強と習い事を両立できることは子供の自信にも繋がりますし、勉強以外のことを学ぶことで内面も豊かになります。

また、優先順位や効率を考えながら過ごすことで、子供の思考力の成長も期待できます。

受験期でも続けやすい習い事

書道や絵画のように、自宅での練習がなく教室内で完結できる習い事は受験期でも続けやすいです。

逆に、ピアノやバレエなどは日々の自己練習も必要なので、受験をしない子供たちと同じペースで練習するのは時間的に難しいです。

運動系で続けやすい習い事は、個人競技のスイミングです。

サッカーや野球はチームプレイなので、自分の都合で練習や試合を休みにくいため、塾が忙しくなってきて時間が取れなくなってくると続けるのが難しくなります。

いずれにしても、習い事をしながらの受験勉強は勉強時間の確保が難しくなるため、効率よく勉強する必要があります。

習い事はいつまで続けられるか。やめどきの目安

習い事と塾の授業や試験のスケジュールが合わなくなってきたら、習い事を整理するタイミングです。

ピアノやバイオリンなど、レッスン以外に家庭での練習が必要な習い事もあります。

自宅練習が必要な習い事をしている場合は、レッスン日だけでなく、今まで通り自宅で練習できるのかも考えなければなりません。

期限や目標を決めて続けるのもあり

いつまで習い事を続けられるかと考えることも大事ですが、

  • 塾が週○回以上になったら
  • テストで○位以下になったら

と、勉強に集中したほうがよいタイミングを、予め親子で話し合っておくと迷いが生じにくくなります。

逆に、習い事での目的を決め、達成できたら勉強に集中するという方法もあります。

たとえば、

  • 「サッカーのこの試合まで」
  • 「ピアノで秋の発表会まで」
  • 「スイミングで4種目泳げるようになったら」

など決めておくと、子供も目標ができて習い事も勉強も頑張りやすくなります。

まとめ

中学受験合格したいけれど習い事もやめたくない場合は、できるだけ無駄な時間を節約した効率よい勉強方法を選びましょう。

塾にこだわりがなければ、オンライン家庭教師による個別指導が時間のない子供に合っています。

ただし、習い事をやめたくないといっても、学力が志望校合格に届かない場合は受験と習い事のどちらかを選択しなければなりません。

中学受験を第一目標とするなら

  • 成績が何点以下になってしまったら、習い事はお休みする
  • 地区大会が終わったら習い事はやめる

など、具体的なルールを親子で決めておくのもいいでしょう。

いずれにしても、中学受験までは時間が限られているので、最後まで効率よい勉強が求められます

どのようなやり方が子供にあっているかを常にチェックし、中学受験を成功に繋げてくれる勉強方法を選んでいきましょう。

\効率よく学べる/

※習い事をしながら中学受験したい人だけが見てください