子育て

中学生のテスト勉強を親が手伝うことは良いのか悪いのか

中学生のテスト勉強を親が手伝うことの是非についてまとめました。

中学生のテスト勉強を親が手伝うのは悪いことじゃない

親が中学生のテスト勉強を手伝うのは、

「子供が自立できなくなるからダメ」
「干渉しすぎ」

と、ネガティブな意見もありますが、決して悪いことではありません。

もし、親がテスト勉強を手伝うことがダメなのであれば、塾や家庭教師がやっている指導を否定するのと同じことになります

なぜなら、塾や家庭教師も子供の勉強を手伝っていることに変わりないからです。

もちろん、親が子供の代わりに宿題を仕上げるのは子供のためになりません。

ですが、テスト勉強の計画を立てるアドバイスをしたり、問題を出して覚えているかを確かめてあげることは、子供にとってよいサポートになります。

完全に一人でできるようになるまでは、親がサポートしてあげたほうがテスト勉強のやり方が身につくので、結果的に早く自立ができるようになります

とくに手伝ってあげたほうがいい中学生

勉強のやり方がわからない子

勉強するやる気があっても、勉強のやり方がわからなかったり、何から手を付けていけばいいかがわからないと、闇雲に勉強することになり成績は伸びません。

親が、学習計画を立てるところからサポートし、どのようにテスト勉強を進めていけばいいかを教えてあげましょう。

勉強がわからない子

勉強がわからない場合には、まずは基本を固めるところからサポートしてあげましょう。

もしかしたら今回のテストの範囲よりかなり遡り、基礎学習をする必要があるかもしれません。

もし親が忙しくて勉強を教える時間がなかったり、親自身も勉強がよくわからない場合には、家庭教師のようなプロからの指導も検討しましょう。

塾も選択肢のひとつですが、勉強のわからない子は集団塾だと落ちこぼれてしまう可能性があります。

勉強がわからないなら、躓いている部分をわかるまで教えてくれる家庭教師のような個別指導が向いています。

親はどのようにテスト勉強を手伝うといいのか

子供は暗記をしたり、問題を解くことで精一杯なので、下記のような子供自身がやらなくてもいいことを親が手伝って上げましょう。

  • 学習計画を立てる
  • 教材をコピーする
  • 丸付けをする
  • 問題を出してあげる

テスト勉強で一番重要なことは、テスト範囲を確認しテストの日から逆算して学習計画を立てることです。

いつ、どんなことを、どんな方法でやるかまで決めてあげると、子供はスムーズにテスト勉強をしていけます。

丸付けは自分で答えを確認しながらやる方がいいという意見もありますが、自分で丸付けをするとチェックが甘くなることも多いです。

他人の目を通すと、英単語のスペルミスや漢字の間違いなど、小さなミスや間違った思い込みにも気付くことができます。

また、丸付けをしたりや問題を出すことで、どこまで子供が理解できたかがチェックできるので、さらに追加で対策すべきポイントがわかるメリットもあります。

親が子供の勉強を手伝うメリット

  • 親子関係が良くなる
  • 子供が手伝ってくれていることでモチベーションがアップする
  • 子供が何がわからないかがわかり具体的なアドバイスができる

子供は親が自分のために手伝ってくれている姿を見て、良い点を取って喜んでもらいたいという気持ちが芽生え、勉強にも身が入るようになります。

デメリットは子供を混乱させてしまう可能性があること

時代によって問題の解き方は変わるため、親が学校と違うやり方を押し付けてしまうと子供は混乱してしまいます。

勉強を教えるときには、教科書に沿って今の時代の解き方を教えましょう。

親が勉強を手伝う時にやってはいけないこと

  • 感情的に怒る
  • 他の子と比較する
  • 面倒という態度をだす
  • 干渉しすぎる

感情的に怒る/他の子と比較する

子供が間違ったりなかなか理解できない時に、感情的に子供の人格を否定するようなことを言ったり、他の子供と比較をしてはいけません。

いくら怒ったりネガティブなことを言っても、子供の反発心を大きくするだけで、やる気には繋がらないからです。

面倒という態度をだす

勉強を手伝うことが面倒・やりたくないという態度をとるくらいなら、むしろ手伝わないほうがいいです。

子供まで「勉強は面倒でやりたくないこと」と思ってしまいます。

干渉しすぎる

子供がやっていることを、いちいちチェックし、良い悪いと言い過ぎるのも子供のやる気や自立心をなくしてしまいます。

できるだけ口は出さず、見守るようにしましょう。

一人で勉強ができない子はほっとくと成績が下る

一人で勉強ができない中学生の多くは、どのように何を勉強すれば良いのかやり方がわかっていない場合が多いです。

ですから、自立させるために良かれと思って放置してしまうと、どんどん勉強ができなくなり成績が下がってしまいます。

もし自立させたいなら、逆に一人立ちできるまではしっかりサポートしてあげましょう。
1人で勉強できない子に学習習慣をつけるための学習方法

勉強する気はあるけれど、1人で机に向かえない子供に自立した学習習慣をつけたいなら、オンライン家庭教師WAMの指導が向いています。

なぜなら、WAMは勉強を教えるだけでなく、授業以外の時間にどのように勉強すればよいかを細かく指導・管理してくれるからです。

また、どのような状態の子でも成績アップが狙えるよう、25年以上の個別指導の経験で得たノウハウをもとに学習プランを立て指導してくれます。

ですから、これまで何をすべきかわからず勉強しなかった子でも、自ら勉強できるようになります。

オンライン家庭教師WAMで学習習慣が身につく理由

  • 最初に1人で勉強できない理由を明確にする
  • 具体的な学習プランを立ててもらえる
  • 勉強が楽しくなる
  • 授業と自己学習が切り替えやすい
  • 相性の良い先生と一緒に勉強できる

最初に1人で勉強できない理由を明確にする

WAMは生徒としっかり対話し、1人で勉強できない原因となっている躓きポイントを探り出します

学習習慣を妨げている理由を把握した上で指導方針を立てます。

具体的な学習プランを立ててもらえる

塾や従来の家庭教師の授業は勉強を教えるだけですが、WAMは授業時間以外の学習管理にも力をいれています。

約20万人の子供たちを個別指導してきた経験をもとにそれぞれの子供にあった適切な学習プランを立てていきます。

ですから、子供は具体的に何を勉強すればいいかがわかり、ひとりでも机に向かいやすくなります。

WAMはオンライン授業も展開していますが、もともとは地域密着型の個別指導塾です。

各地域にある学校の特徴に精通しているので、全国一律の指導ではなく個々が住んでいる地域への対策が可能なのが大きな強みです。

勉強が楽しくなる

WAMはAIも活用し、苦手としていることの根本の原因を突き止め、大きく遡って指導をしてくれます。

また、達成感が得られやすいように、小さな目標を設定しながら学習を進めるのも特徴です。

できることが増えたりやる気がアップするため、勉強が楽しくなり継続しやすくなります。

授業と自己学習が切り替えやすい

オンライン家庭教師は塾のように通う必要がないため、授業が終わった後すぐに自己学習に切り替えることが可能です。

授業で習ったことの復習や先生から出された宿題も、すぐにとりかかることができます。

相性の良い先生と一緒に勉強できる

オンライン家庭教師は、住む地域関係なしに国内トップクラスの講師陣の中から、子供の学力や性格、目的にあった先生を選ぶことができます。

対面の家庭教師は相性が悪くても変更が難しいですが、オンライン家庭教師だと講師の変更が可能です。

自立した学習が成績を伸ばす

今成績が悪くなくても、一人で勉強できない子供は徐々に成績に影響が出てきます。

なぜかというと、学年が上がるにつれ学習レベルは上がっていくため、親がいつまでも勉強を教えてあげられるとは限らないからです。

しかも、一人で勉強ができない理由を解決しないと、高校受験や大学受験を乗り越えられない可能性もあります。

ですから、子供が一人で勉強できないと心配しているなら、オンライン家庭教師WAMを利用して自立した学習習慣がつくよう対策してみてください。

一人で勉強できない理由を解決してあげるだけでなく、迷わず勉強を進めていけるように細かな学習計画を立ててサポートしてくれるので、自立して勉強できる子になる助けにもなってくれます。

自立した学習習慣を育ててくれるオンライン家庭教師WAMの詳細を見る>>

まとめ:一人で勉強できない子はほっとくとダメ

テスト勉強のやり方や勉強の内容が理解できていない中学生を手伝ってあげることは、悪いことではありません。

むしろ放置する方が、成績を下げてしまう可能性があります。

ですが、将来的に自立して勉強できるようになるために、子供が1人で勉強できずに困っている問題を解決してあげましょう。

もし親が一緒に勉強してあげる時間がなかったり、親自身も勉強に不安を持っている場合はオンライン家庭教師に勉強を見てもらうのもひとつの方法です。

勉強のやり方や苦手な部分がわかると、できることが増えて自分に自信もついてくるので、一人でもどんどん勉強できる子を目指せます。

\自立して勉強できるようになる/

※子供に自立してもらいたい人だけが見てください