子育て

勉強しない高校生の厳しい末路に後悔しないために今すぐやるべきこと

勉強しない高校生の人生はどのような末路を辿るのかや、明るい将来を迎えるためにどうすべきかを解説します。

勉強しない高校生の末路は厳しい

今のまま勉強しないでいると、大学受験に失敗するだけでなく、希望したところに就職もできず、人生設計そのものが大きく変わってしまう可能性があります。

大卒と高卒では給料が違うため、大学に行けなかった場合は生活水準も下がってしまうかもしれません。

仲の良い友達が有名な大学に入ったりすると、自分に自信をなくしたり、挫折感から自暴自棄になり、高校卒業後に何をやってもうまくいかなくなることもありえます

勉強してこなかったツケで夢を諦めなければならないことも

将来子供が勉強してみたいことや挑戦してみたい職業ができた時、勉強をしなかったせいで基礎的な学力がなければ諦めなければならないこともあります。

また、勉強は知識が深めるだけでなく思考力や会話力にも関係してくるので、人に与える印象も変わり、人間関係にも大きく影響してきます。

勉強は成績を上げるためだけのものではありません。

人生を豊かにしてくれるチャンスを逃すことになります。

大人になってから後悔しやすい

大人が口を酸っぱくして子供に「勉強しろ」と言うのは、自分自身が勉強すればよかったという後悔の裏返しです。

勉強をしなかった場合、大人になってから「子供の時にしっかり勉強していたら違う人生を歩めたかもしれない」と後悔することが多いです。

勉強しない状態をほっとくのはダメな理由

勉強しない状態を放置してしまうと成績がどんどん下る一方なので、大学受験はおろか就職も難しくなってしまいます

ですから、将来に不安を感じているのであれば、勉強しない状態をほっとくのは良くありません。

大学受験をするのに勉強しないなら悩みを抱えている可能性あり

高校生であれば、勉強をしなければ大学に入れないことは理解しているはずです。

大学に行こうとしているのに勉強しないのであれば、勉強できない理由を抱えている可能性があります。

自分だけで解決できない問題であればほっとかず、大人にも相談し問題を解決して、勉強できる状態にしましょう。

勉強しない本当の理由を把握する

勉強をしない理由は人それぞれ違います。

  • 勉強が嫌い
  • 友達関係などの悩み
  • 親への反抗心

高校は義務教育ではないので、強制されて勉強する必要はありません。

ですが、勉強しなければならないとわかっていながらも、悩みを抱えているせいで勉強できずにいるのなら、放置せず悩みを解決し勉強できる状態にしましょう。

もし親に反発して勉強していないのであれば、一時の感情で将来を棒に振ることになるのでもったいないです。

勉強しない高校生のやる気をアップさせる方法

高校生の勉強へのやる気をアップさせるためには、「こうなりたい」「こうしたい」という具体的な目標を持つことです。

人物でもいいですし、職業や趣味、なんでも構いません。

自分が目標とするものに近付くために勉強が必要とわかれば、勉強へのやる気が出てきます。

ですが、待っていても、強い憧れを持てるような目標との出会いはなかなかありません。

年齡の近い教師や部活の指導者への相談も、1つの方法です。

勉強しない高校生には年齡が近い家庭教師が向いている

家庭教師は大学生がやっていることが多いので、高校生と年齡が近く勉強以外の話も合いやすく、勉強しない子供の勉強の指導者に向いています。

大学生活の楽しさや、なぜ大学に行くほうが良いのかも大人とは違った視点から教えてもらうこともできますし、家庭教師に憧れて自分も勉強を頑張ろうと言う気持ちになることも少なくありません。

また家庭教師は、自身の経験や他の子供を指導してきた経験から、今勉強していない高校生が受験合格のためにどんな勉強をすればいいか、具体的な勉強方法から教えることができます。

しかも家庭教師は集団塾と違い、生徒が苦手としている部分を重点的に教えてくれるので、今まで苦手だったことも少しずつできるようになり勉強することがどんどん楽しくなっていきます。

自分にあった先生が選べる家庭教師のシステムを見る>>

【まとめ】勉強してこなかった高校生もやり直せる

勉強しない高校生は、大学に入れないだけでなく職業の選択肢も狭まる可能がありますが、今からでもやり直しはできます。

勉強する気にならない理由を突き止め、原因を取り除いたり、やる気が出る目標を見つける努力をしましょう。

また、自分と年齡が近く勉強ができる人が身近にいると憧れの対象となり、勉強へのモチベーションが高まる可能性があるので、家庭教師の指導を検討するのもおすすめです。

自分の将来のためにも、勉強へのやる気アップのためにできることは積極的に行い、様々な可能性のある将来を迎えるべく準備をしていきましょう。

\自分にあった先生が選べる/

※人生を諦めたくない人だけが見てください