子育て

中3で成績が下がる人の特徴。成績を上げるための対策とは

中3になってから成績が下る人の特徴と、対処法について解説しています。

中3で成績が下がる人・成績が悪い人の特徴

中学3年生で成績が下がる人は、定期テストでは良い点を取れるけれど実力テストや模試では良い点数を取れないという傾向があります

定期テストは、授業で習ったことを理解できているかの確認テストで範囲が決まっているため、短期間で集中して取り組めばある程度の点数を取ることができます。

ですが、実力テストや模試は、これまでに習ってきた全てが出題範囲で、問題も難しく本当の実力が試されてしまうのです。

実力テストや模試で点を取れない理由

実力テストや模試の成績が悪い人の多くは、基礎ができていない場合が多いです。

定期テストの成績が良くても、テストが終わった途端忘れてしまうと基礎学力として定着せず、実力テストの成績に繋がりません。

高校の入学試験は、実力テストや模試の延長線上にあり、内容も似ています。

ですから、実力テストや模試が苦手な場合、高校入試を成功させることが難しくなってくるのです。

勉強してるのに成績が下がる子は勉強方法が間違っている

せっかく時間をかけて勉強しても、成績に繋がらないなら意味がありません。

頑張って勉強しても成績が下がるなら、勉強方法を見直す必要があります。

どんどん成績が下がる中学生が今すぐやるべきこと

まずは、成績が落ちた原因を突き止めましょう

「勉強時間が短い」
「基礎ができていない」
など、原因がわかったら、問題を解決できるよう対処します。

中3だと受験まで時間があまりないため気持ちが焦りますが、入試は広範囲から出題されるため、定期テストのように一夜漬け勉強では対応できません。

  • 実力テストや模試でできなかった部分をチェックし現状を分析
  • 志望校に合格するためには何を強化すべきかを考える

上記を行うとともに受験日から逆算して学習計画を立て、限られた時間内で効率よく学習を進めていきましょう。

中3で成績が下がる一方な場合の受験対策

ひとりの力で高校受験の合格ラインに成績を上げるのが難しい場合は、家庭教師に頼ることも検討しましょう

時間が限られている中で成績を上げたいなら、何を優先させて勉強していくかを見極める必要があります。

さらに、いつまでに何を習得するかなど細かく戦略をたてた学習計画を立て、脇目もふらずに進めていかなければなりません。

高校受験のプロである家庭教師なら、現在の学習レベルから合格させるためにはどのように勉強を進めていけばいいかがわかるため、適切なアドバイスをしてくれます。

わからないことを教えてくれるだけでなく、勉強方法がズレていないかや進捗具合もチェックしてくれるので、時間に無駄のない受験対策が可能です。

中3で受験までに時間がないのに成績が下がり焦っていても、受験から逆算した学習計画を立て指導してくれる家庭教師のサポートを受けると受験合格も夢ではありません。

成績が下がった中3でもサポートしてくれる家庭教師の詳細を見る>>

【まとめ】成績が下るなら勉強方法の見直しが必要

中3で成績がどんどん下がる人は、基礎ができていなかったり、勉強方法を間違えている傾向があります。

基礎が固まっていないのに演習問題を繰り返しても力は付かないので、今までと同じ勉強方法では成績は戻りません。

どのように勉強すればいいかがわからない人は家庭教師の力を借りるなどして成績アップの対策をし、高校受験を成功させましょう。

\成績アップが目指せる/

※中学受験を諦めたくない人だけが見てください