子育て

勉強嫌いな子供の高校選び。後悔しない進路選択のポイント

勉強が嫌いな子供が高校受験をする場合の、進路の選び方について解説しています。

勉強嫌いな子が行く高校選び

勉強が嫌いで成績が悪い子供は、底辺高校にしか行けないと思いがちですが、高校には様々な種類があり選択肢があります。

  • 全日制、通信制、定時制
  • 公立と私立
  • 普通科と専門学科

それぞれ、どのような子に向いているかを紹介します。

全日制、通信制、定時制

同年代の友達と同じような高校生活を送りたいと考えているなら、全日制の高校が向いています。

ですが、勉強の他にやりたいことがある子や、自分のペースで勉強をしたい子は、全日制だけでなく通信制の高校も視野に入れましょう。

定時制は、中学を卒業したばかりでなく、いろんな事情で高校に行けなかった社会人や、働きながら高校に行きたい人など、年齢層も入学動機もバラバラです。

定時制の授業内容は比較的簡単なので、勉強嫌いの人でも授業についていきやすいです。

公立高校と私立高校

私立高校の中には、試験で名前さえ書けば合格にしてくれるレベルの学校もあります。

ただし、いわゆる不良のような子供たちが多い学校もありますので、おとなしい子には向いていません。

地域によってはランクの低い公立高校に、生活態度の悪い子供たちが集まってくることがあるので、自分が住んでいる地域の学校を良くチェックし、公立私立関係なく子供が通いやすい雰囲気の学校を選びましょう

普通科と専門学科

勉強嫌いでも大学には行きたいなら、普通科のほうが受験対策しやすくなります。

ただし、勉強が嫌いな子は、高校に入ってから大学受験のために猛勉強するとは考えにくいですよね。

もし、子供が得意としていることがあるのなら、向いている職業に就くため専門学科に入るのもひとつの選択肢です。

たとえば、車が好きなら自動車関連の学科、ゲームが好きならIT科を選ぶことができます。

中卒で働くのは将来後悔しがち

勉強が嫌いだから高校に行かずに働きたいと考える子供もいますが、可能な限り高校進学するのが望ましいです。

現在は95%以上の子供が高校に進学しています。

中卒の就職先は少ないので、希望の職場に入れるとも限りません

また、中卒だと将来的に学歴のハンデを背負って生きていくことになり、生涯賃金もかなり低くなってしまうので後悔することが多いです。

将来の可能性を広げるためにも、高校進学をおすすめします。

子どもに合う進路を見つける方法

子供に合う進路先を見つけるためには、実際に学校を訪問し校風を見るのが一番。

理由は、高校選びでいちばん大事なのは、学校と子供との相性だからです。

文化祭など学校に入れる機会に是非行ってみましょう。

また、ホームページで校長先生のメッセージを読むなどしても、どんな校風なのかをチェックできます。

子供が安心して頼れる家庭環境に

親だけでなく子供も将来に不安を持っています。

ですから、子供が不安な気持ちを吐き出し、親に相談しやすい家庭環境にしてあげましょう。

親が子供の不安を煽るようなことを言ったり、勉強しないことを責めるような発言をするのは望ましくありません。

もし高校選びに失敗しても、やり直せるから大丈夫といえるくらい、どっしりとかまえて子供と接すると子供の気持ちも前向きになります。

【まとめ】学ぶことに興味を持てると選択肢が増えてくる

勉強が嫌いな子供の高校選びは難しいですが、どんな高校生活を送りたいかを聞きつつ、子供の性格にあった校風の高校を一緒に選んであげてください。

勉強が嫌いな子は、勉強に楽しさを見い出せていないだけかもしれません。

勉強に興味を持つきっかけがあると、学ぶことが好きになり進学先の候補も増える可能性があります。

勉強が楽しくなる瞬間は、苦手なことができるようになったり、わからないことを理解できるようになるときです。

親が勉強を教えるのが難しい場合は、それぞれの子供に合った授業をしてくれる家庭教師を利用するのもひとつの解決策です。

家庭教師なら勉強嫌いの子供に沢山接してきているので、どうやったら勉強に興味を持てるかがわかりますし、高校選びについてのアドバイスも受けられます。

勉強嫌いの子供の将来に不安を持っているなら、家庭教師と一緒に勉強することで少しずつ勉強に興味を持てるようになり、結果として入れる高校も増えていきます。

\その子に合った指導が可能/