子育て

中学受験とピアノはいつまで両立するのがよいか。やめ時のタイミング

小さい頃からピアノ教室に通っている子が中学受験をする場合、いつまで勉強とピアノのレッスンを両立させるのがよいかについて解説しています。

中学受験とピアノはいつまで続けるのがよいか

ピアノよりも中学受験対策を優先させる場合、進学塾の中学受験カリキュラムが始まる小学3年生の2月まで続ける子が多いです。

もうひとつのタイミングは、学校の授業も難しくなり、塾の受験対策が本格化し始める小学5年生に進級するタイミングです。

両立させるならピアノの先生に事情を説明すること

中学生になってからもピアノを続けるために、受験勉強とピアノを両立したい場合は、塾や学校とレッスンを両立できるようピアノの先生に予め相談しましょう。

  • 塾の授業や模試を優先させる可能性があること
  • 受験直前は練習時間が短くなること

上記を先生に伝え、ピアノ教室に迷惑がかからないようしましょう。

ピアノを続けたいけど両立は難しいと感じている場合

ピアノはやめたくないけれども受験勉強との両立が難しい場合には、移動時間がかかる塾ではなく家庭教師に切り替えたり、ピアノのレッスン時間や内容を変更してもらうなど対策をしてみましょう。

勉強方法を変えても両立が難しい場合や、志望校へ合格が現時点で厳しい場合には、ピアノは一旦諦めて勉強に集中すべきです。

ピアノの練習はいつでもやり直しができますが、中学受験は1回きりなので、合格を目指しているなら後悔しないように勉強に専念しましょう。

受験期にピアノを続けるメリット・デメリット

メリット①:脳に良い刺激を与えてくれる

ピアノは指を使うので、脳が刺激を受けて鍛えられ、勉強によい影響を与えると言われています。

メリット②:心が落ち着く

小さい頃からずっと通っているピアノ教室は、子供にとって慣れ親しんだ環境です。

ホッと安心できる場でピアノを引くことで気分転換ができ、勉強をスムーズに進められる可能性があります。

デメリット①:勉強時間の確保が難しい

ピアノのレッスンや練習が必要になるので、ピアノを習っていない子に比べると勉強にあてる時間が短くなります

デメリット②:ピアノの練習時間が足りなくなる

受験期は勉強にも力を入れなければならないため、ピアノの練習時間が短くなり、今まで弾けていたフレーズが弾けなくなることでストレスをためてしまうかもしれません

中学受験とピアノのレッスンを両立できる学習方法

もし子供が受験勉強とピアノを両立させたいと希望しているなら、オンライン家庭教師を利用すると限られた時間でも効率よく学習ができ、ピアノの練習時間も確保できます。

なぜなら自宅で授業が受けられるため、通学が必要な塾と比べ移動時間を節約できるからです。

また、オンライン家庭教師は塾のように全員一律の授業ではなく、それぞれの学力に合わせた受験合格のために必要な授業を適宜行ってくれます。

ですから、受験合格に向けて必要な学力を効率よく身につけることができるのです。

両立に必要なのは勉強時間と練習時間の確保

ピアノは他の習い事と違い、レッスン以外にも自宅で練習をする必要があるため、中学受験と両立させる場合は勉強に充てる時間が少なくなってしまいます。

塾でわからなかったことや自分の苦手な問題を復習したくても、家で勉強する時間がなかなか確保できません。

しかも、学校や家から遠く離れた塾に通っている場合は帰りが遅くなり、ピアノの練習が夜遅くにしかできず近所迷惑になる可能性があります。

限られた時間の中で受験を成功させピアノも続けたいなら、量より質を狙った効率よい勉強が必要です。

オンライン家庭教師なら、学習時間の確保と時間効率の高い学習が期待でき、ピアノの練習時間も確保できます。

オンライン家庭教師だと時間効率よく学べる理由

時間を有効に使える

オンライン家庭教師は自宅で学習できるため、塾のように通う必要がありません。

ですから移動時間が節約でき、体力も温存できます。

自分に合った授業が受けられる

家庭教師による授業は集団塾と違い、自分の苦手な部分や強化したい教科に焦点を当てて教えてもらうことができるため、効率よく学習を進められます。

疑問に思ったことやわからないことをすぐに質問できるので、時間に無駄がありません。

授業日程の融通がきく

オンライン家庭教師の中には、オンライン個別指導塾WAM(ワム)のように授業の日程を変更できるところがあります。

授業の振替えができると、ピアノのレッスン日や発表会・コンクールと重なっても休む必要がありません。

受験勉強とピアノを両立させたいけれど勉強時間の確保に悩んでいるなら、オンライン家庭教師を使うことで時間を節約し効率よく学習することができるようになります。

習い事と勉強を両立したい人に向いているオンライン家庭教師の詳細はこちら>>

【まとめ】両立を成功させる方法は効率よい学習方法

ピアノを習っている子が中学受験する場合は、小3の2月や小5になるタイミングにやめる子が多いです。

中には、コンクールや発表会をやめる目安としている子もいます。

けれども、せっかく小さいときから続けてきたピアノをやめたくないと思っているのなら、自宅で授業が受けれるオンライン家庭教師を利用して時間を節約し、勉強とピアノをうまく両立させながら受験成功を目指しましょう。

\習い事と両立可能/

※中学受験と習い事を両立させたい人だけが見てください