子育て

中3の受験生は遊びに行っちゃダメ?気分転換も許されないのか

中3の受験生は遊びにいかず猛勉強すべきなのか、もし誘われたらどう対応すれば良いのかについて解説します。

中3の受験生が遊びに行くのはダメじゃない

中3の受験生が遊びに行くのは決してダメではありませんし、気分転換は重要です。

なかには、受験直前まで遊んでいたり、冬休みに家族で旅行しても高校受験に合格する人もいます。

とはいえ、各自の学力やそれぞれが狙う志望校の難易度は違うため、遊んでいいか悪いかのラインを決めることは難しいです。

遊んでいいかダメかの判断は、「時期」そして「模試での判定」を目安にしましょう。

受験直前に遊ぶことは勉強のリズムが崩れる可能性があるため避けたほうがいいですし、模試での合格判定が低い場合には猛勉強する必要があります。

受験生が遊ぶのはいつまでが現実的か

多くの受験生は、中学3年の夏休み以降遊ばなくなります。

中3の夏までは、受験生であっても部活や習い事を続けている人が多く、夏休みには夏の思い出と称して友達と遊ぶこともあります。

ですが、絶対に志望校に受かりたいと思っている場合、中3の2学期からは真面目に勉強に取り組む人が多いです。

自分に合った遊ぶ頻度を見つけよう

受験生が遊ぶ場合は、気分転換をして勉強の効率をあげることが目的です。

ですから、自分にとってどのくらいの頻度で遊ぶと学習効率が上がるかを試してみましょう。

遊びの頻度が高くなると、勉強する時間がなくなったり、逆に遊ぶほうが楽で楽しくなり勉強への意欲がなくなってしまいます。

冬休みに遊ぶのはやめたほうがいい

中3の冬休みは受験直前です。

休み中に遊んでしまうと生活サイクルが崩れてしまう可能性があります。

大晦日や元旦に息抜きをする程度にし、友達と遊ぶのはやめたほうがいいです。

受験生で遊んでいい人ダメな人

受験期に遊んでも合格を狙える人は、気持ちの切り替えが上手な人です。

遊んだほうが勉強の効率が上がるとわかっているので、遊ぶことでさえ志望校に受かるための学習計画の一部にしていています。

一方、遊んでダメな受験生は、一度遊んだらいつまでもダラダラ遊んでしまう人です。

気持ちの切り替えができず楽な方に流れてしまう性格であれば、遊ばず勉強に集中し続けるほうがいいでしょう。

また、成績が下がった時に、「遊ばず頑張ればできたはず」と遊んだことを言い訳にして後悔しがちな人も遊ばないほうがいいです。

遊ぶことに罪悪感を覚えるなら遊ばないほうがいい

受験生で勉強せず遊ぶことに罪悪感を覚えてしまう場合は、遊ぶことが気分転換になりません。

むしろ焦りや後悔といったネガティブな感情が大きくなるだけなので遊ばないほうがいいです。

罪悪感を持ってしまうけれど、やっぱり遊んだほうが気分転換になって勉強がはかどるという場合は、「勉強のための遊び」と割り切るようにしましょう。

息抜きは大事ですから、初めから遊ぶことを計画に入れて学習プランを立てると、後悔しにくくなります。

遊びながら受験に合格させたいなら学習計画が必要

受験生であっても勉強一筋ではなく、時には遊びながら合格させたいと思っているなら、遊びを含めた学習計画を立てましょう。

志望大学に合格するために必要な学習量を書き出し、受験日から逆算していつどのように勉強するのかを細かに決めていくのです。

学習計画の中に予め遊びの時間も入れておくと、罪悪感や後悔にさいなまれることもなくなります。

もし計画通りに進めていても成績が下がり、志望校への合格判定が落ちてしまったとしたら、志望校合格のための学習計画の立て方が悪かったということになります。

学習計画を立てる自信がないなら個別指導がおすすめ

自分一人で志望校合格に向けた学習計画が立てられない人には、オンライン家庭教師WAMの個別指導が向いています。

なぜなら、WAMはどのような状態の子でも志望校への合格が狙えるよう、25年以上の個別指導の経験で得たノウハウをもとに学習プランを立て指導してくれるからです。

個別指導の塾や一般の家庭教師と違い、ただ勉強を教えるだけでなく、授業以外の時間にどのように勉強すればよいかを細かく指導・管理してくれます。

ですから、志望校に受かるためには、どのくらいの頻度でいつまで遊べるかも具体的に指導してくれます。

時間効率よく学べるので遊ぶ時間も確保できる

WAMは塾のように通う必要がなく自宅で学習できます。

ですから移動時間が節約でき、遊ぶための時間も確保したい人にぴったりです。

オーダーメイドの授業が受けられる

WAMの授業は家庭教師による授業は複数の生徒に対して行われる塾と違い、自分の苦手な部分や強化したい教科を重点的に教えてもらうことができるため、効率よく学習を進められます。

疑問に思ったことやわからないことをすぐに質問できるので、時間に無駄がありません。

自分にあった学習計画が受験成功の鍵

受験期に遊ぶ遊ばないにかぎらず、受験を成功させるためには自分に合った学習計画が必要です。

学習レベルだけでなく、人それぞれ性格や生活習慣、勉強に対するモチベーションも違うため学習計画は一概には立てられません。

もし、志望校合格を目指すための学習計画を立てるのが難しいと悩んでいるのなら、オンライン家庭教師を利用し迷いなく学習を進められるよう対策しましょう。

受験を成功させる具体的な学習計画を立ててくれるだけでなく、成績がアップするような指導もしてくれ、受験当日までサポートしてくれます。

学習計画が得意なオンライン家庭教師WAMの詳細を見る>>

【まとめ】高校受験にもときには息抜きが必要

受験期は勉強が必要ですが、遊ぶことは絶対にダメと思うと、勉強のやる気が無くなってしまう可能性があります。

息抜きをしたほうが勉強の効率がよくなる場合は、遊ぶ時間も計画の中に入れましょう。

志望校合格を目指せる学習計画を自分一人で立てるのは難しい場合が多いので、個別指導を利用して具体的な計画を立ててみてください。

気分転換は大事ですが勉強時間を削ることにもなりますので、時間効率のよい学習をしながら受験合格をめざしましょう。

\今からでも遅くない/

※受験をあきらめたくない人だけが見てください