子育て

中学生が部活を辞める場合の内申への影響やデメリット

中学生が部活を途中でやめると内申に響くのかについてまとめています。

中学生が部活を辞めることで内申は下がるのか

内申点とは成績に関する評価なので、学業とは関係のない課外活動である部活に関しては内申点に加味されません。

ですから、もし中学校で部活を途中退部しても、内申点には影響がなくそのままです。

推薦入試は部活動が重視されることもある

推薦入試は一般入試と違い、部活のような成績以外の活動が重視されることがあります。

推薦やAO入試を狙いたいのであれば、部活を辞める前に先生にそれとなくどれくらい部活動が重要視されるのかを聞いておきましょう。

途中退部した場合の内申書への記載内容

内申書(調査書)への部活に関する記入は、多くの中学では、「何年の時にどの部活に所属していたか」を記載する程度です。

多くの場合、2年生で退部したら「2年生で途中退部」とは記載されず、2年生は最初から参加しなかったものとして無記入になり1年時の情報のみ記載されます。

中学校の先生は、調査書へは生徒の良い面を中心に記載してくれます。

ですから、途中退部したからといって、「途中退部して粘り強さがない」など悪く書かれることはありません。

部活を途中でやめるメリット・デメリット

部活を辞めるメリット

  • 勉強時間が増える
  • ストレスが減り、勉強に集中しやすくなる

部活を辞めるデメリット

  • 自由な時間が増えて気が緩みやすい
  • 部活を続けられなかったことに劣等感を持ちやすい

部活と勉強を両立させて受験に合格している生徒もいるため、途中退部すると
自分は最後まで続けられなかったと自信を無くすことがあります。

ネガティブな気持ちが、「勉強もダメかもしれない」と勉強面にも悪影響を及ぼす可能性があります。

途中退部を後悔しないための対策

  • 一度休部してみる
  • 部活顧問に相談する

部活を辞めることで時間に余裕ができても、勉強時間を増やせないと受験に落ちます。

部活をしていた時のほうが生活にメリハリがあり、集中して勉強できたという人もいますので、一度休部し勉強に集中できるかを試してみましょう。

また、沢山の生徒を見てきた、顧問に相談するのも良い案です。

部活顧問はこれまでの経験から、部活を辞めて成功する子と失敗する子の傾向がわかっています。

勉強時間を確保できず悩んでいることを相談し、自分は部活を辞めることに向いているのかアドバイスしてもらいましょう。

部活を辞めるなら今までと同じ勉強方法ではダメ

部活を辞めてもこれまと同じ勉強方法を続けていたら、勉強時間が増えても大きく成績が上がることが期待できません。

同じ部活に入っていた仲間の中には、自分と同じ勉強時間しかないはずなのに成績が良い子もいたはず。

ということは、これまでの勉強方法ではダメということです。

現在の学力から志望校に受かるためには何をすべきかを考え、戦略を細かに立てた学習計画が必ず必要です。

自分一人で学習計画を立てることが難しい場合には、個別指導をしてくれる塾や家庭教師の力を借り、志望校合格に向けた具体的な学習プランを立ててもらいましょう。

新たな学習習慣をつけるための学習方法

これまでとは違う学習習慣をつけたいなら、オンライン家庭教師WAMの指導が向いています。

なぜなら、WAMは授業で勉強を教えるだけでなく、授業以外の時間にどのように勉強すればよいかを細かく指導・管理してくれるからです。

また、どのような状態の生徒でも志望校への合格が狙えるよう、25年以上の個別指導の経験で得たノウハウをもとに学習プランを立て指導してくれます。

ですから、これからどのように勉強すればよいか迷っている場合でも、受験合格を目指した勉強ができるようになります。

オンライン家庭教師WAMで学習習慣が身につく理由

  • 最初に現状の問題点を明確にする
  • 具体的な学習プランを立ててもらえる
  • 勉強が楽しくなる
  • 授業と自己学習が切り替えやすい
  • 相性の良い先生と一緒に勉強できる

最初に現状の問題点を明確にする

WAMは生徒としっかり対話し、現状の学習レベルだけでなく成績を伸ばせずにいる躓きポイントを探り出します。

また、各生徒の性格も把握した上で指導方針を立てます。

具体的な学習プランを立ててもらえる

塾や従来の家庭教師の授業は勉強を教えるだけですが、WAMは授業時間以外の学習管理にも力をいれています。

今まで勉強時間が少なかった生徒でも志望校に合格できるよう、約20万人の子供たちを個別指導してきた経験をもとに適切な学習プランを立てていきます。

ですから、生徒は具体的に何を勉強すればいいかがわかり、ひとりでも机に向かいやすくなります。

WAMはオンライン授業も展開していますが、もともとは地域密着型の個別指導塾です。

各地域にある学校の特徴に精通しているので、全国一律の指導ではなく個々が狙う志望校への対策が可能なのが大きな強みです。

勉強が楽しくなる

WAMはAIも活用し、苦手としていることの根本の原因を突き止め、大きく遡って指導をしてくれます。

また、達成感が得られやすいように、小さな目標を設定しながら学習を進めるのも特徴です。

できることが増えたりやる気がアップするため、勉強が楽しくなり継続しやすくなります。

授業と自己学習が切り替えやすい

オンライン家庭教師は塾のように通う必要がないため、授業が終わった後すぐに自己学習に切り替えることが可能です。

授業で習ったことの復習や先生から出された宿題も、すぐにとりかかることができ時間を有効に使えます。

相性の良い先生と一緒に勉強できる

オンライン家庭教師は、住む地域関係なしに国内トップクラスの講師陣の中から、子供の学力や性格、目的にあった先生を選ぶことができます。

対面の家庭教師は相性が悪くても変更が難しいですが、オンライン家庭教師だと講師の変更が可能です。

迷いなく学習を進めることが受験成功の鍵

部活を辞める辞めないと悩む場合、現時点で志望校への合格ラインより下であることが多いため、受験に向けて猛勉強しなければ合格させることはなかなかできません。

とはいえ、部活に使っていた時間をどのような勉強にあてればいいかを正しく判断することは難しいです。

ですから、もし自分一人で学習していくのが不安な場合には、オンライン家庭教師WAMを利用し受験成功に向けた学習ができるよう対策しましょう。

WAMの家庭教師は、各生徒が迷いなく学習を進めていける具体的な学習計画をたて、授業以外の勉強の進め方もサポートしてくれるので、迷いなく勉強することができます

学習習慣をサポートしてくれるオンライン家庭教師WAMの詳細を見る>>

【まとめ】途中退部は内申書に影響なし

中学校で部活を途中で辞めたとしても、一般受験の場合は内申点が下がるといった影響はありません。

部活を途中でやめると時間に余裕ができますが、今までと同じ勉強方法では成績を伸ばすことが難しいので、志望校に合格するための学習計画を立てて進めていく必要があります。

もし部活を辞めずに続ける場合は、オンライン家庭教師を利用するなど勉強とうまく両立していきましょう。

部活を辞めるか辞めないかの判断は難しいですが、自分の将来のためにどちらがメリットが大きいかを考えて決め、あとは後悔しないよう志望校への合格を目標に勉強を進めていきましょう。

\合格に導いてくれる/

※受験合格を諦めたくない人だけが見てください