子育て

部活を辞めることは大学受験に不利ではない。ただし一般入試以外は要注意

大学受験の一般入試では、部活を辞めることで不利になったりはしません。

ですが、試験の種類によっては不利になる場合があるので知っておきましょう。

部活を辞めることで大学受験に不利になるケース

推薦入試やAO入試は、部活のような成績以外の活動も重視されるので、部活を途中で辞めると不利になる可能性があります。

部活を辞めると大学推薦入試の「公募制特別推薦選抜」には不利

学校推薦型選抜の公募制特別推薦選抜は、高校生活でおさめた実績が重要視されるので、部活を途中で辞めると不利になってしまう可能性があります。

ですが、大学側の「こんな生徒に来てほしい」というアドミッションポリシーが、部活の継続とは関係ない場合もあります。

志望校のホームページや募集要項をチェックすると、どのような生徒を欲しがっているのか参考にすることができます。

一般入試では途中退部しても大学受験に不利にならない

一般入試の合否は試験の成績が全てなので、部活を辞めたかどうかで選抜されることはありません。

途中退部は大学受験の内申書には影響しない

内申点とは成績に関する評価なので、学業とは関係のない課外活動である部活に関しては内申点に加味されません

ですから、部活を途中退部すると内申点が下がると脅されても、信じる必要はありません。

内申書(調査書)への部活に関する記入は、多くの高校では、「何年の時にどの部活に所属していたか」を記載する程度です。

たとえば、2年生で退部した場合、「2年生で途中退部」とは記載されず、2年生は最初から参加しなかったものとして無記入になり1年時の情報のみ記載されます。

高校によっては、よほどの実績を残さない限り部活動に関しては無記入という学校もあるくらいです。

部活を辞めて成功するタイプと後悔するタイプ

部活を辞め受験を成功させるのは、「何を犠牲にしても志望校に絶対受かりたい」という強い気持ちを持っているタイプの人です。

部活を辞めることで空いた時間全てを勉強に使うくらいの意気込みのある人が、受験を成功させます。

部活を辞めて後悔するタイプ

部活を辞めても時間に余裕ができたことに安心し、勉強をしないタイプの人は、成績は上がらず辞めなければよかったと後悔しがちです。

部活を辞めると生活にメリハリがなくなるため、集中力を持続できない人が多いです。

時間を有効に使わないと成績は伸びない

部活をやめると勉強のために使える時間が増えます。

ですが、学習計画を立てて進めていかないと時間がムダに過ぎてしまい、部活をしていたときと成績は変わらない結果になってしまいます。

部活辞めて後悔するケース

親に言われて勉強を優先させるために部活を辞めたなど、人任せで判断した場合も辞めたことを後悔しやすいです。

部活を辞めずに勉強と両立させる方法

もし、部活を辞めることに抵抗があるのなら、オンライン家庭教師を利用すると部活と受験勉強を両立しやすくなります。

なぜかというと、オンライン家庭教師は自宅で勉強ができるので、塾に通う必要がなく時間を大幅に節約できるからです。

さらに、塾のように全員一律の授業ではなく、各子供が必要としている授業を適宜行ってくれるため、大学受験合格に向けて効率よく学習を進めることができます。

部活と勉強の両立が難しいのは勉強時間を確保できないため

部活をしていると、勉強時間の確保が難しくなります。

さらに、学校や家から遠く離れた塾に通っている場合は、行き帰りの移動時間も必要です。

ですから、帰宅する頃にはぐったり疲れ、塾でわからなかったことや自分の苦手な問題を復習したくても眠くなりなかなか勉強できません。

時間がない中で勉強するためには、時間を節約し量より質を狙った効率的な学習方法が必要です。

オンライン家庭教師なら、学習時間の確保と時間効率の高い学習が期待できます。

オンライン家庭教師だと時間効率よく学べる理由

時間を有効に使える

オンライン家庭教師は塾のように通う必要がなく自宅で学習できます。

ですから移動時間が節約でき、体力も温存できます。

オーダーメイドの授業を受けられる

家庭教師による授業は複数の生徒に対して行われる塾の授業と違い、自分の苦手な部分や強化したい教科を重点的に教えてもらうことができるため、効率よく学習を進められます。

疑問に思ったことやわからないことをすぐに質問できるので、時間に無駄がありません。

授業の日程の融通がきく

オンライン家庭教師の中には、オンライン個別指導塾WAM(ワム)のように授業の日程を変更できるところがあります。

授業の振替えができるため、部活や試合などと重なったとしてもどちらも諦める必要がありません。

勉強に集中したいけれど勉強時間の確保ができず、オンライン家庭教師を使うことで時間を節約し効率よく学習することができるようになります。

限られた時間でも効率良く学べるオンライン家庭教師の詳細を見る>>

【まとめ】勉強のために部活やめるのは間違いじゃない

部活を辞めることは、一般試験の大学受験であれば問題ありませんが、推薦入学やAO入試を狙う場合は、不利になってしまう可能性があります。

一般入試以外の受験を予定している場合は、自分が希望する大学の要項をよく見ておきましょう。

部活を継続したほうがよいと判断した場合は、オンライン家庭教師のような限られた時間を有効に使える勉強方法に切り替え、後悔のない大学受験対策をしていきましょう。

\効率よく学べる/

※部活と勉強を両立させたい人だけが見てください