子育て

部活を辞めて良かった人と後悔した人の違い。勉強する意思の強さが決めて

勉強に集中するために部活を辞めて良かったと思える人と、後悔する人の違いについて解説しています。

部活を辞めて良かったと勉強に集中できる人

勉強のために部活を辞めて良かったと後悔しない人は、「何を犠牲にしても志望校に絶対受かりたい」という強い気持ちを持っている人です。

部活を辞めることで空いた時間全てを勉強に使うくらいの意気込みで勉強すると、もし受験に失敗することがあったとしても自分がやれることを最大限やっているので、途中退部を後悔しにくいです。

部活辞めてスッキリできるメリット

  • 勉強時間を確保できる
  • 塾に間に合う
  • 体力を温存できる

部活と勉強の両立が難しい一番の理由は、勉強時間が少なくなってしまうことですが、部活を辞めると勉強時間を増やすことができます。

また、塾に通っている場合は、部活を気にせず学校の授業が終わったら塾に直行することが可能です。

また、激しい運動系の部活に入っていると体力が消耗しやすく自宅で勉強する頃には疲れ切ってしまいますが、部活を辞めることで勉強するための体力をキープすることができます。

部活辞めて後悔する人

自分の学力や勉強方法の悪さを棚に上げ、部活のせいで時間がないから勉強ができないと思っている人は、部活を辞めても成績を上げにくく辞めたことを後悔しやすいです。

また、親に言われて勉強を優先させるために部活を辞めたなど、人任せで判断した場合も辞めたことを後悔しやすいです。

部活辞めた人あるあるの成績が上がらない理由

成績を上げるために部活を辞めたとしても、時間に余裕ができたことに安心して勉強をしていない場合は成績は上がりません。

むしろ、生活にメリハリがなくなることから、集中力が持続できなくなる場合が多いです。

時間を有効に使わないと成績は伸びない

部活をやめると勉強のために使える時間が増えますが、学習計画を立てて進めていかないと時間がムダに過ぎてしまいます。

自分がやるべき勉強の道筋が見えていない人は、勉強の効率が悪いため、部活を辞めて時間に余裕ができても効果的な勉強に結び付けられません。

部活を辞めるデメリット

  • 自由な時間が増えて気が緩みやすい
  • 部活を続けられなかったことに劣等感を持ちやすい

部活と勉強を両立させて受験に合格している子もいるため、自分は最後まで続けられなかったと自信を無くすことがあります。

ネガティブな気持ちは、「勉強もダメかもしれない」と勉強面にも悪影響を及ぼしかねません。

途中退部を後悔しないための対策方法

  • 一度休部してみる
  • 部活顧問に相談する

部活をしていた時のほうが生活にメリハリがあり、集中して勉強できたというタイプの人もいますので、本当に勉強に集中できるのか不安なら一度休部し勉強に集中できるかを試してみましょう。

また、過去に沢山の生徒を見てきた、顧問に相談するのも良い案です。

部活顧問はこれまでの経験から、部活を辞めて成功する子と失敗する子の傾向がわかっています。

勉強時間を確保できず悩んでいることを相談し、自分は部活を辞めることに向いているのかアドバイスしてもらいましょう。

部活と両立させるための勉強方法

部活をしていると勉強時間の確保が難しいですが、オンライン家庭教師を利用すると少ない時間でも効率的に勉強ができます。

なぜかというと、オンライン家庭教師は複数名に向けた塾の授業と違い、各子供の学力に合わせ受験を突破するために必要な授業を適宜行ってくれるからです。

ですから、限られた時間内でも必要な学力を効率よく身につけることができます。

両立できない1番の理由は勉強時間の不足

部活をしていると、勉強時間の確保が難しくなります。

さらに、学校や家から遠く離れた塾に通っている場合は、行き帰りの移動時間も必要です。

ですから、帰宅する頃にはぐったり疲れ、塾でわからなかったことや自分の苦手な問題を復習したくても眠くなりなかなか勉強できません。

時間がない中で勉強するためには時間を節約し、量より質を狙った効率的な学習方法が必要です。

オンライン家庭教師なら、学習時間の確保と時間効率の高い学習が期待できます。

オンライン家庭教師だと時間効率よく学べる理由

時間を有効に使える

オンライン家庭教師は塾のように通う必要がなく自宅で学習できます。

ですから移動時間が節約でき、体力も温存できます。

オーダーメイドの授業を受けられる

家庭教師による授業は複数の生徒に対して行われる塾の授業と違い、自分の苦手な部分や強化したい教科を重点的に教えてもらうことができるため、効率よく学習を進められます。

疑問に思ったことやわからないことをすぐに質問できるので、時間に無駄がありません。

授業の日程の融通がきく

オンライン家庭教師の中には、オンライン個別指導塾WAM(ワム)のように授業の日程を変更できるところがあります。

授業の振替えができるため、部活や試合などと重なったとしてもどちらも諦める必要がありません。

勉強に集中したいけれど勉強時間の確保ができず、オンライン家庭教師を使うことで時間を節約し効率よく学習することができるようになります。

限られた時間でも効率良く学べるオンライン家庭教師の詳細を見る>>

【まとめ】逃げグセや甘えがある場合は途中退部を後悔しやすい

勉強のために部活を辞める場合、逃げグセや甘えが生じやすいタイプだとせっかく時間に余裕ができても勉強時間を増やすことができず後悔しやすいです。

オンライン家庭教師を利用して限られた時間を有効に使うことで、部活と勉強をうまく両立させることもできるので、自分の性格をよく考えて決めましょう。

部活を辞めるにしても続けるにしても、あとから良かったと思えるよう覚悟を持って決断し、望んでいる将来を迎えられるよう自分の決めたことに全力で取り組んでいきましょう。

\効率よく学べる/

※部活と勉強を両立させたい人だけが見てください