子育て

勉強のために部活やめる中学生がいてもいい。勉強との両立は必須じゃない

中学生が勉強のために部活をやめるのは間違っているのか、勉強と両立すべきなのかについて解説しています。

勉強のために部活やめる中学生の考えは間違いじゃない

中学生が勉強に集中するために部活をやめるという考え方は、決してダメではありません。

中学生にとって部活は勉強と匹敵するほど大事なのでやめるべきではない、という意見もあります。

ですが、自分の将来にとって今は勉強が大事と判断し、部活をやめるのであれば間違っていません

ただし、部活をやめたからと言って必ずしも成績が上がるわけではなく、成績をあげ高校受験に合格するためには努力が必要だということを忘れないようにしましょう。

部活をやめて成績が上がるかは自分次第

成績を上げるために部活を辞めたとしても、時間に余裕ができたことに安心して勉強をしていない場合は成績は上がりません

実際、3年生になり部活を引退した生徒たちも、成績が上がる子もいれば下がる子もいます。

むしろ、生活にメリハリがなくなることから、集中力が持続できなくなる場合が多いです。

時間を有効に使わないと成績は伸びない

部活をやめると勉強のために使える時間が増えますが、成績アップに結びつくよう学習計画を立てて進めていかないと時間がムダに過ぎてしまいます。

現状の学習レベルを把握し、自分が目標とする高校に合格するためには何を強化させる必要があるのかを考え、具体的な学習方法・内容を決めていきましょう

部活を辞めると受験に落ちると言われる理由

部活を辞めたのに受験に落ちると言われる理由は、部活をやめたからと言って勉強時間を大きく伸ばせないことが多いからです。

人間は気持ちに余裕ができると、安心して油断する傾向があるため、部活を辞めたからといって、必ずしも勉強時間が増えるとは限りません。

せっかく時間ができても、ゲームややスマホに気を取らたり机に向かってもダラダラしていると、集中して勉強している時間が部活を辞める前と変わりないという結果になってしまいます。

勉強時間が足りないから部活を辞めたのに、勉強時間が増やせないなら受験を成功させることは難しいです。

部活を取るか勉強を取るかを決める判断基準

部活を辞めてもいい場合

「何を犠牲にしても志望校に絶対受かりたい」という強い気持ちを持っている場合は、部活をやめても勉強に集中できるためやめても大丈夫です。

部活を辞めることで空いた時間全てを勉強に使うくらいの意気込みのある人が、部活をやめて良かったという結果を導くことができます。

部活が勉強の邪魔になるならやめてもいい

明らかに部活のせいで勉強時間が減ってしまったり、疲れて勉強に集中できないと悩んでいるなら、部活をやめるか、時間拘束の少ない部活への変更を検討しましょう。

部活で得られることも多いですが、自分の将来を左右するのは勉強です。

肝心の勉強ができなくなるのなら、やめる判断は間違っていません。

部活を辞めないほうがいい場合

自分の学力や勉強方法の悪さを棚に上げ、部活のせいで時間がないから勉強ができないと思っている人は、部活を辞めても受験に失敗する傾向があります。

また、部活をやめてから自分がやるべき勉強の道筋が見えていない人も、部活を辞めて時間に余裕ができても成績は上がりにくいです。

部活と勉強の両立に悩んでいる場合は家庭教師が向いている

部活をしながら勉強時間を確保するのは難しいですが、オンライン家庭教師を利用すると少ない時間でも効率的に勉強ができ、受験対策もできます。

なぜかというと、オンライン家庭教師は塾のように全員一律の授業ではなく、各生徒の学力に合わせた授業をしてくれるので、今足りていない学力を効率よく身につけることができます

両立できない1番の理由は勉強時間の不足

部活をしていると、勉強にあてる時間が少なくなってしまいます。

さらに、学校や家から遠く離れた塾に通っている場合は行き帰りの移動時間も必要になるため、塾でわからなかったことや自分の苦手な問題を復習したくても、家で勉強する時間がなかなか確保できません。

時間がない中で勉強するためには時間を節約し、量より質を狙った効率よい勉強が必要です。

オンライン家庭教師なら、学習時間の確保と時間効率の高い学習が期待できます。

オンライン家庭教師だと時間効率よく学べる理由

時間を有効に使える

オンライン家庭教師は塾のように通う必要がなく自宅で学習できます。

ですから移動時間が節約でき、体力も温存できます。

オーダーメイドの授業を受けられる

家庭教師による授業は複数の生徒に対して行われる塾の授業と違い、自分の苦手な部分や強化したい教科を重点的に教えてもらうことができるため、効率よく学習を進められます。

疑問に思ったことやわからないことをすぐに質問できるので、時間に無駄がありません。

授業の日程の融通がきく

オンライン家庭教師の中には、オンライン個別指導塾WAM(ワム)のように授業の日程を変更できるところがあります。

授業の振替えができると、部活と重なったとしてもどちらも諦める必要がありません。

部活のせいで勉強時間の確保に悩んでいるなら、オンライン家庭教師を使うこと時間が節約でき、部活をやめずに効率よく学習することができるようになります。

オンライン家庭教師の詳細をもっと知りたい方はこちら>>

「勉強と部活はどっちが大事か」は自分視点で決めよう

勉強したいけれど部活で勉強時間が確保できない場合、「勉強と部活はどっちが大事か」といった一般的な意見に振り回されず

  • 自分にとって何が一番重要な目的か
  • 目的のために何ができるか

と、自分の視点で考え決断しましょう。

部活を継続するにしてもやめるにしても、中学校での時間は限られています。

時間を無駄にしないよう効率的に勉強し、目指している高校への入学を実現させましょう。

\時間効率よく学べる/

※限られた時間内で濃い勉強をしたい人だけが見てください